安い店みつけた?ペアレントトレーニングの評価 2017年度 シンシア・ウィッタム

すべてがこの一冊でうまくいくとは限りませんが!けっこうお勧めです。とても簡単に読めます。(そんなにきついものではなかったです)とにかく、事細かに色々な困った場面での対応法が載っているので、読んで損はないかと思います。

コスパがいい!

2017年03月03日 ランキング上位商品↑

ペアレントトレーニング シンシア・ウィッタム読んで学べるADHDのペアレントトレーニング [ シンシア・ウィッタム ]

詳しくはこちら b y 楽 天

。読んで損はないと思います。まあ、十人十色ということで・・・。 特にADHDでなくても普通に子育てしていて困ったことなどの対処法が書かれています。正直!本だけでは難しいですが!でも!明らかに私の精神状態も子供の反応も変わりつつあると思います。子供の療育先のT大の先生がお勧めしてくださった本です。主治医からの紹介で購入しましたがまだ途中までしか読めていません。 担当の小児科医おすすめの本です。ペアレントトレーニングを本当にわかりやすくまとめた本です。ADHDのお子さん向けのようですが落ち着きのない息子について相談した!養護の先生のお勧めで買いました。私は許しがたい行為!というものにどう対応したらよいか悩んでいましたが!けっこう改善されました。とてもいい本でした。知らなかった人が読んだら開眼すると思います。叱ってはいけないとわかっていても、実際どうしてよいのかわからずにいて、この本を紹介され購入しました。怒らなくてもいい選択が出来るようになりました。ちなみにうちはhf-pddにadhdが入ってます。レビューを見てると賛否両論ですが…とても参考になりました。目から鱗…心改めました。 訓練の先生には!「親御さんの関わり方の本でしょ?」とスルーされましたけど!これからも続けていきたいと思える内容です。しつけについて書かれていて通常のお子さんのしつけにも!とてもいいと思いました。入門編を読んだ後!もう少しどうしたらよいか知りたい方にお勧めです。ADHDに関係なく、子育てに役立つ一冊だと思います。この本を読んで!まだ実戦し始めたとこで!こどもは何も変わってませんが…私の気持ちがとても楽になりました。依頼者の方が喜んでくださったので、とてもよかったです。アメリカの人の著者なので!すべてが当てはまるとは限りません!と言われましたが!日常の困った事への対応の仕方がわかりやすく書いてあるし!子供を観察しながら3つの事柄にわけて対応する方法など!とても参考になります。また!お母さん1人ではなく!お父さん!そしてこの子にかかわるすべての大人のひとに読んでもらいたい本です。子育てに役立つと思って買ってみました.翻訳の本で,直訳をしているせいか,日本語が変な箇所もありましたが,なかなか良い本です.3年生の娘を!母子家庭という中で育てているのですが!自分の忙しさや疲れが原因でうまく意思疎通が出来なかったり!教育の面でスムーズに行かず!悩んでいる毎日でしたが!この本を読んで!少し救われた気がしました。他の本も読んでいるので、重なるものはありますが。つい怒ってしまいますが、言い方ひとつ、少しのことでもほめる、親も日々勉強ですね。私が読んだ印象では!abaも混ざっているかと・・・。私がやり方を変えてから、息子はずいぶん落ち着いてきました。つい先日ADHDと診断された小二男子のシングルマザーです。あくまでも方法、過程という冷静な判断からなる視点という面でも自分を冷静にすることができ、自分を振りかえることが出来る、良い時間になりました。少しずつ、ほんを見ながら対応を工夫しています。内容はとても参考になりそうです。ADHDだけでなく、人と社会の根本の部分を利用しているので、いろいろなお子さん、はたまたお母さんの精神衛生上のためにも使える本だと思います。読みづらいとまではいきませんが、日本語訳が若干微妙です。怒るの…って本当にストレスですもんね。そんな点も面白いと思えば面白いです。 まだ20日ほどですが!息子には好きな誉められ方法があることを知ることができました。それにしても、普通に子育て真っ只中の親が読む読み物としてもとてもとっつき易く読み易いですが、ちょっと違和感を感じる点も・・・それは、国民性の違いや生活習慣の違いから来るのか・・・???ADHDの子育て・・大変ですよね。今までガミガミ怒って…毎日、毎日、うんざりしては…こども寝顔を見て反省し…また次の日には、こどもに激怒し…罵ったり…を繰り返す日々でした。他の方のレビューはけっこう読みにくい、とかむずかしい、と書いてありましたが、私はそんなでもなかったような・・。ADHDで取り扱いの難しいわが子に対してこういう場面でどういった対応をすればいいのか、また、ほめるところの見つからない子のどこからほめればいいか、具体的なアドバイスを教えてくれる1冊です。まだ読めていないのですが!育児のヒントになると思い購入しました。子供のADHDをより深く知りたいと思い購入しました。